2006年01月19日

不健康の原因

健康を損なう要因は、ストレスもあれば、働き過ぎ、飲酒、喫煙など挙げられますが、「小食療法」の実践者、甲田先生は、断言してます。最大の要因は、「食べ過ぎ」だと断言されてます。「食べ過ぎは、肥満を招くことはもちろん、ありとあらゆる病気の発生につながっていく、腹八分目がベスト」。小食の人のほうが、体調が良く、血液検査の結果がいいというデータがあるそうです。

ちなみに僕も、朝食は食べませんが、体調も良く、病院にも行った経験もなく、熟睡もでき、体が軽くてキレがある実感があります。しかし昼食、夕食とちゃんと栄養バランス考えてキッチリとってますよ。なるべく、腹八分目にします。これが健康への第一歩、基本です。
posted by 健康太郎 at 22:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。